【人生が変わる料理道具掲載】100年使える伝説のドイツ製フライパン!ターククラシックフライパン22cm
original
5fd5802b72eb466b5ad4b411 5fd5802b72eb466b5ad4b411 5fd5802b72eb466b5ad4b411 5fd5802b72eb466b5ad4b411 5fd5802b72eb466b5ad4b411

【人生が変わる料理道具掲載】100年使える伝説のドイツ製フライパン!ターククラシックフライパン22cm

残り2点

¥19,800 税込

送料についてはこちら

【人生が変わる料理道具に掲載されました】 【マツコの知らない世界で紹介されました】 お餅を焼くと、表面がカリッと香ばしい風味が楽しめます。 ちょっとした朝の調理や小さめのお肉を焼くのにも便利です。 ドイツが生んだ鉄製100年フライパン「ターク」。 1枚の鉄板より打ち出されたこだわりの鍛造クラシックフライパンです。 鍛冶職人のアルバート=カール・タークが1857年にターク社を創設し、ドイツの鉄製品製造の中心地に工場を構え、160年以上変わらない製法でフライパンを作り続けています。 鉄の塊を高温で加熱して鍛造してくタークのフライパンは、つなぎ目のない一体型ですので取っ手がとれてしまうこともありません。 「100年使えるフライパン」と言われるように、何代にもわたってお使いいただけるフライパンです。 テフロン加工のフライパンとくらべ、片手で振ったりできる軽さはありませんが、熱伝導がよく保温性に富み、食材の持ち味を充分に引き出し美味しく仕上げることができます。 また鉄は油との相性も抜群でフライパン全体にきれいに油がなじみます。 使うほどに味わいが出てくるのも魅力で度々欠品を起こすほどの人気となっています。 恥ずかしながらこのフライパンの魅力が昔はわからなかりませんでした。 まず曲がっている。左右が全然対称じゃない。打痕が残りすぎていて汚れているようにすら見える。でもそれがこのフライパンなんです。 ドイツのターク一族が手掛けるそれにひとつとして同じものはない。 それは、あえて画一性を排除しようとしているかのように思うのです。 素朴でシンプルな美しさ。そのままテーブルに出しても映えます。 家のキッチンだけでなく、BBQなどアウトドアシーンにも最適です! ■サイズ 約W 220 × H 115 × D 410 (mm) ■内径 約160mm ■素材 鉄 ■生産国 ドイツ ■使用可能熱源 直火・IH・オーブン ※飯田屋が販売するターク製品にはすべて公式ロゴが付いた赤いバッグをつけてお送りいたします。 ※注意 タークは手作りのため、表記のサイズ・重さと異なる場合がございます。 また、鍛造製品の為1点1点色合いや仕上がりが異なります。 商品の形状のご指定は承ることができません。 ご了承の上御注文いただけますようお願い致します。 表面の磨き処理は施していない為、凹凸が残ります。 鍛造品の持つ大きな魅力としてお楽しみくださいませ。 フライパンはドイツのメーカーにて出荷時に錆止めの目的で食用のオイルが塗られています。 ポリ袋から出す際は、オイルがつきますので大切なアクセサリーや袖口等衣類に付くことがないよう、十分ご注意ください。 タークは全て鉄製の為、火にかけると取っ手が熱くなります。 素手で触ると火傷の危険があります。 鍋つかみ等をご使用いただきますようお願い致します。 ●使い始めの洗い方 鍛造されたクラシック製品は、鍛治職人が鉄を熱して叩いたままの状態であるため鉄の粉が付着しており、ドイツから日本に出荷される前に、錆止めに食用のオリーブオイルが塗られております。そのため、スチールたわしなどを使いクリームクレンザーでしっかり洗ってください。お湯で流した後ペーパータオルでよく拭き取ります。この後焼き慣らしをします。 ●焼き慣らしの方法 1.油を【フライパン/グリルパン】にたっぷり鍋の底から1cmくらい入れて、(内側の側面に浸らない部分にはペーパータオルで油をつける)ジャガイモの皮などの野菜くずと、大さじ1杯の塩を入れて弱火にかけます。 2.時々ゆっくりヘラでかき混ぜながら弱火のまま、野菜くずに焦げ目がついたら火を止めます。 3.【フライパン/グリルパン】が冷めてきたら油、野菜くずをキッチンペーパーで拭き取り、【フライパン/グリルパン】に残った塩はペーパーでゴシゴシこすります。 4.ペーパーで【フライパン/グリルパン】に残った塩を取り除いた後は、お湯でしっかり洗ってペーパータオルで水気を拭き取ります。 更に火にかけて水分を飛ばして焼き慣らしは完了です。この後、調理が始められます。 タークの焼きならし方法 http://www.youtube.com/watch?v=txIQdJI6_qg